準備中

 

レクリエーション保険 補償内容のご案内


 

1.行事参加者にのみ適用いたします。

2.傷害をこうむったかたに適用します。
「傷害」とは、急激かつ偶然な外来によって身体に被った怪我を言います。

3.死亡保障
本人が行事参加中に傷害を被り、その傷害が原因で、行事の開催日から180日以内に死亡した場合、本人の法定相続人に補償いたします。
補償額:200万円

4.後遺障害補償
本人が行事参加中に傷害を被り、その傷害が原因で、行事の開催日から180日以内に後遺障害を残した場合は、一時金として、本人に次の通り補償します。
なお、本人が行事の開催日から180日を超えてなお治療を要する状態にあるときは、行事の開催日から181日目における医師の診断に基づき、後遺障害の程度を認定する。
後遺障害の等級の認定は、労働災害補償保険法施行規則に準じて行います。
1級~14級まで:100%~4%まで

5.後遺障害と災害死亡の関係
主催者が後遺障害補償を行った後、後遺障害の原因となった事故の結果として本人が死亡した場合には、災害死亡の額から既に支払った後遺障害の額を控除した額を補償する。

6.主催者が3.ないし4.の補償を行った場合には、主催者は支払った補償の価格を限度として、本人が主催者に対して有する損害賠償の責を免れる。

7.入院補償
主催者は、本人が行事参加中に傷害を被り、その治療のために入院した場合は入院日数一日につき次の金額を入院見舞金として支給する。
ただし、入院補償の支払い日数は180日を限度とし、かつ、行事開催日から180日を経過した後の入院に対して入院見舞金を支給しない。
入院日額:3000円

 

 

 


8.通院補償
主催者は、本人が行事参加中に傷害を被り、その治療のために通院した場合は通院日数一日につき次の金額を通院見舞金として支給する。
ただし、通院補償の支払い日数は90日を限度とし、かつ、行事開催日から90日を経過した後の通院に対して通院見舞金を支給しない。
通院日額:2000円

9.範囲
行事参加を目的として、自宅を出てから、帰宅を目的として、自宅に帰るまで。

10.補償を行わない場合
故意・重過失
自殺行為・闘争行為・犯罪行為
無資格運転中・酒酔い運転中の事故
麻薬・アヘン・大麻・覚醒剤等の使用
戦争、暴動など

11.期間
平成29年11月1日から1年間

12.万一事故が起きたら
0120-258-189(無料)
三井住友海上事故受付センター
24時間365日事故受付サービス
補償金の請求手続きを行って下さい